タイのメディアが分析「日本人は何故タイを選ぶのか?」その理由とは?

日本人は何故タイを選ぶのか?ついて、タイのメディアが分析をしています。
実際に思い当たるところはありますでしょうか。

アメリカ人、中国人、オーストラリア人に次いでタイに住む外国人の数は日本人です。
日本人駐在員コミュニティが、タイを選んだ理由は次のとおりです。
①言語の心配がない、②.家族が一緒に暮らせる、③天気が良い、冬がない、④.ゴルフ天国、⑤親日的である、⑥食べ物がおいしい、⑦物価が安い、⑧日本の高齢者が、タイを第二の故郷と感じる、⑨仏教国である、などなど。

①言語の心配はありません
ほとんどの日本食レストラン、カフェ、スーパーマーケットでは、書面および翻訳サービスで日本語でもサポートしています。

②家族が一緒に暮らすことができます
日本の幼稚園や学校、インターナショナルスクールがあります。
親は子供をどこの学校に送るかについて多くの選択肢があります。
すべての主要な私立病院には、日本人の医師、翻訳者、日本の国民保険サポートデスクがあります。

③天気が良い、冬がない
タイでは毎日が夏で、冬はありません。
平均気温は約29度です。
日本人はビーチに行って、家族や友達と泳いだりリラックスしたりするのが大好きです。

④ゴルフ天国
日本人はゴルフが大好きです。タイの周りには250の良いゴルフコースがあります。
ほとんどのゴルフコースは、バンコクとパタヤ周辺にあります。

⑥親日国
タイはとても日本人に優しいです。
日本国外で最高の日本食レストランは、バンコクで見つけることができます。
日本人もタイ人も、昔からの伝統を守り、王室への敬意を理解しているという点で似ています。
日本政府が、タイ人観光客のビザを免除してからは、日本はタイ人にとって最も人気のある観光地となっています。

⑥タイ料理がおいしい
日本人はタイ料理が大好きです。
両国は米、たくさんの野菜や果物を食べるという食文化が似ています。

⑦物価が安い
家で料理するより安いので、ほとんどのタイ人は外食するのが好きです。
食べ物、交通機関、衣服、家はすべて日本よりもはるかに安いです。

⑧多くの高齢者や退職した日本人は、タイを第二の故郷として選んでいます。
マレーシアに次いで、タイは退職後2番目に人気のある国です。
しかし、タイを選んだ日本人は他の国よりもはるかに長くここに滞在しています。

日本の移住の長い歴史
日本の移住は16世紀後半のアユタヤ王国時代に始まりました。
1620年までにチャオプラヤー川の東側には、1,000人から1,500人の日本人が住んでいました。
ルイ14世の外交官であるフランス国王の公式記録によると、アユタヤでは600人の侍がタイ王立裁判所の警備員として住んでいました。
ソンタム王(1590-1628)の顧問になった最も有名な武士は山田長政将軍でした。
ソンタム王の死後、1630年にナコンシータマラートでプラサットトーン王に暗殺されました。
山田長瀬将軍の死後、プラサットトーン王はアユディアの日本の村の破壊と焼却を命じました。

盤谷日本人商工会議所(1954年9月27日設立)
盤谷日本人商工会議所(JCC)には、JCC会員として正式に登録されている日本企業が1,736社(2020年4月)あります。
15のビジネスカテゴリグループがあります。
金属、機械、繊維、農業および水産食品、金融保険、運輸、生活産業、自動車、観光および広報、建設、化学、電気、情報および通信、流通および小売および貿易。

そして22の委員会があります。
広報、日本語補足レッスンスクール、泰日工業大学委員会、泰日工業大学経営支援、総務、社会貢献基金、労使関係、編集、環境、人材育成、投資インフラ整備、中小企業( SME)サポート、税関、IBC、税務、法務、GMS、EDC、FDC、組織強化、安全対策、経済研究委員会。

日本人はタイで最大の投資家の一人です
2019年には、24.9億米ドルが日本企業によってタイに投資されました。これは61.3億米ドルの総外国投資の24.6%です。

しかし、日本貿易振興機構(JETRO)が実施した2020年の調査によると、このパンデミックの間にほとんどすべての投資家が経験したように、多くの日本企業は、前年に比べて収益がほぼ半分に減少しました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします