「クリスタルクラブ」に行った日本人=日本人大使館員の解釈に、タイ人記者の誤認の可能性

昨日タイの地元メディアThaiPBS社が報じた内容に誤りがある可能性が出てきましたので、ご報告いたします。

問題となっているのはこちらの記事。

【速報】バンコク日本大使館員がトンローのクリスタルクラブでコロナに感染。10名中8名。

こちらの記事は、タイの日本大使館職員が、トンローで騒動となっている「クリスタルクラブ」に出入りしたために新型コロナに感染したのではないかという地元メディアの報道が元になっています。

それがどうも、ThaiPBS社の記者の回答の受け取り方に誤りがある可能性が出てきました。

【アヌティン氏と記者とのやりとり。一部抜粋】
質問側:มี สว ไปร่วมรับประทานอาหารกับสถานทูตญี่ปุ่นด้วย มีรายงานบ้างไหมคะ ที่จะเข้าร่วมประชุมสภา ใน7วันนี้
(訳:上院議員が、日本大使館職員と食事に行っていますが、今日の第7評議会の会議で何か話しは出ていましたか?)

アヌティン氏:วงชาวญี่ปุ่นที่ไป คริสตัล 10 คนติด8คน ทางกลมรักษาโรค นำคนที่ติดเชื้อมารักษาตัว เรื่องพวกนี้เป็นเรื่องสัมพันธ์ระหว่างประเทศขอให้เป็นเรื่องของทางการทูตไป
(訳:クリスタルに行った日本人の10人グループの内、8人が(新型コロナに)感染して現在療養中です。これらの件は国際的な話しなので、外交問題として取り扱ってください。)

要するに記者側としては、先日発表のあった梨田全権大使の新型コロナ感染報告について、なんらかの話しを引き出したかったのだけれども、その質問を引きずりながらクリスタルクラブの件が出てきたので、日本人グループ=日本大使館職員と断定して記事を書いた可能性が出てきたというものです。

アヌティン氏の方でも、その後不自然にこの件は「外交問題」になるので、と注釈しているあたりが益々「イコール」だと匂わせた遠因にもなったのかもしれません。

いずれにせよ、アヌティン氏の方では断定した回答は避けています。
またThaiPBS社が独自の情報やエビデンスを持っているかなどは本誌でははかり知れませんので、その後のThaiPBS社の見解や続報、日本大使館側からの反論や発表などありましたら、そういった「内容の発表があった」ことを随時お伝えしてまいります。

本誌はあくまでも、タイ現地で報道されているメディア内容のご紹介に努めていますので、「真実は何か!」までの調査能力は持ち合わせてないこと、その点悪しからずご了承下さいませ。

ちなみに下記、動画内3分20秒あたりからが、該当の質疑応答箇所になります。
アヌティン氏のたとたどしい回答の仕方は、タイ語が分からなくても、何か言いたくても言えない何かを含んでいるように感じさせられます。
みなさんは、どう感じましたか?

しかし、結果は正しかったことが後日判明しました。
大使館は、当初「クリスタルへは誰も言っていません」と言っていましたが、答弁を2転させてきています。
本誌では、おおよその情報を掴んでおりましたので、終始誤報とは報じておりませんでした。

この件は、日本でもキー局などでニュースに取り上げられていました。

【やはり!】梨田駐タイ全権大使が感染。クラスターが発生したナイトクラブを訪れたと判明

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします