• 日. 7月 25th, 2021

【規制緩和】バンコクにナイトライフが戻ってくる。アルコール提供にも合意

Byサイト運営

2月 22, 2021

大方の予想通りタイ政府は本日の閣議で、バンコクのナイトライフがある程度の再開へ向けての青信号を出しました。

22日月曜日の午後の会議で、バー、パブ、レストランが23時までの営業を可能とし、アルコールも提供も可能との合意に至りました。
ライブ音楽も許可されていますが、ダンスは許可されていません。

この動きは、タイの首都とその周辺地域が、新型コロナにおいて高管理区域(赤)から管理区域(オレンジ)に引き下げられたことにも起因します。

管理区域に引き下げされた他の県には、ノンタブリー、パトゥムターニー、サムットプラカーン、ターク、ラチャブリー、サムットソンクラーム、ナコンパトムが含まれています。

サムットサコーンだけが最高レベルの制限下にあり、バーやパブは閉鎖しなければなりません。

新しい措置がいつ発効となるかは、各県知事によって異なり、間もなく発表が予定されています。

投稿の時点でバンコク都は、バーやパブが火曜日(2月23日)にも再開できると予想されていますが、正式にはいつから発効となるかについてはまだ発表していません。

発表があり次第、再度お知らせいたします。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP