• 水. 9月 29th, 2021

ペッチャブリー県のケーンクラチャン国立公園が世界遺産に認定

Byサイト運営

7月 27, 2021

7月26日、世界遺産委員会(WHC)は、ペッチャブリー県のケーンクラチャン国立公園を世界遺産として採用しました。
承認を得るまで6年を費やしました。

タイ政府は、この森林複合施設一帯を本拠地と呼ぶカレン民族の人権を保護するために強力な進歩が見られたことをWHCメンバーに納得させようとしました。

WHCメンバーの大多数は、世界遺産に登録されているケーンクラチャン森林公園複合施設の推薦を支持することに投票しました。
委員会は、動植物の多様性により、森林複合体が「普遍的で卓越した価値」という世界遺産の基準に沿っていることに同意しました。

これまでにタイのカレン族に対する人権問題のため、決定は3回延期されていました。

WHCは、この森林複合体における生物学的システムの重要性に関する科学的情報に焦点を合わせていると述べます。
タイのカレン族に対する人権問題については、「私たちにはそれを処理する別の機関があります」と述べています。

天然資源環境省のワラウット大臣は感謝の意を表します。
彼は、それが自然状態の森林の管理と保全の成功を反映していると述べました。
これは、並外れた科学的価値を持つ地元の動植物を含む、地元固有の生物多様性の保全に役立ちます。

ケーンクラチャン国立公園に住むカレン・バンクロイ村のメンバーは26日、省外に集結し、公園内の村人に対する人権侵害の申し立てが続いているため、WHCは森林複合施設をリストに載せないようにと主張しました。

豊かな自然と動植物はタイの宝です。
観光資源としても大切ですが、売り払ってしまえば失なってしまいます。
売るのではなく見せることで観光客に開放しませんと、いずれタイの重要な資産は消え去ってしまうでしょう。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP