「タイに行くよ」と仏像の横で撮影するミスコン候補者にケシカランとの声。『聖☆おにいさん』は大丈夫かな。

2月22日月曜日、仏像の隣で水着姿の女性を撮影するというシュールな絵面がけしからんと、タイの敬虔な仏教徒たちを怒らせています。

ミスグランドメキシコのアンジェラ・ユリアー(19歳)さんは、日曜日に「タイに行くよ」というキャプションを付けて、このような動画を投稿しましたが、後に削除することとなりました。
ユリアーさんは、来月バンコクで開催されるミスグランドインターナショナル2020のイベントに出席する予定となっています。
「彼女は仏教文化を知らなかったため、水着を着て仏像の横で写真を撮り、礼儀作法と宗教的問題についてのスキャンダルを引き起こしました」と、美人コンテストのファンページでコメントされています。
「彼女は宗教についての理解が不足しているため、出てきて何かコメントすべきだと思います。しかし、それでも私たちは彼女にサポートを送るつもりです!」

宗教に対して理解の少ない一部の人間は、仏の神聖なイメージをキッチュなお土産、入れ墨、または装飾品として使用するケースがあり、仏教徒から怒りを買うケースがよくあります。
観光客は、家に帰って装飾として使用する仏像を購入しないように促しています。

ミスグランドインターナショナルのペ2020は、3月27日にバンコクのショーDCで開催されます。
昨年開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの大流行のため延期されていました。
出場者は2月28日にバンコクに到着する予定です。

現在ミスグランドインターナショナルのタイトル保有者は、ベネズエラのバレンタイン・フィゲラさんです。
タイの代表は、パッチャラポーン「ナム」チャンタラパディットさんです。

日本でも『聖☆おにいさん』(セイントおにいさん)が放送された時、海外で物議を醸しましたが、いみじくもインターナショナルを掲げる候補者が、相手の国をリスペクトしない行動はやはりイカンですし、遺憾です。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします