在タイ日本人女教師から悲痛な叫び『AVから学んだ日本語を使わないで』

写真はイメージです

からかわないで!
タイで教鞭をとる日本の女性教師はタイの子供たちに、日本のAV(アダルトビデオ)から学んだ言葉を使わないようにと警告しています。

日本人教師は、タイの学生に公の場でAVの言葉を用いからかわれ、 とても不快に感じていると悲痛な思いをSNSに投稿したことにより、タイでニュースとなっています。

彼女が投稿したメッセージにはこうあります。

学校に来てからずっと言いたかったです。
一番言いたかったのは、公共の場で日本人にこのような言葉を言わないで欲しいということです。

AVから学んだ言葉を私に言う学生がいます。

彼らが私に何を言って欲しいのか理解できません。
タイでそれは楽しいことなのですか?
タイ人にとって、それは楽しいですか?

私(日本人女性)にとって、公の場でそのような言葉を聞くのはとても不快で嫌です。
日本では、その嫌な行動についての法律もあります。

お願いだから、日本人にその言葉を言わないでください。
文化の違いを考え、知ってください。

 

このようなマセたガキは、日本の学校でも一定層いるのだと思いますが、確かに日本のアダルトビデオが発信する卑猥な日本語が、海外で先行して有名となってしまうのはいささか残念なことではりますね。
現場で教える先生は、日本人とタイ人がもっと言葉を知って、もっと親密になって欲しいという高尚な願いから教壇にたっているのにも関わらず、このような毎日だと苦痛でしかないでしょう。

タイ人のスマホ普及率は非常に高く、またあるデータでは日本人の2倍以上スマホやインターネットを利用している時間が長いとも言われている。
あふれ出た情報を制御する方法はなく、子供たちの目に日々触れていくことが防ぐことができない現代社会で、我々大人たちはどのように対処すべきなのだろうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします