ピンクラオでの新型コロナ拡散を防ぐため300人以上の検査を実施

photo by ThaiVisa

先日ピンクラオ地域にある3カ所の飲食店を訪れたことがある方に警告させて頂きました。

今月ピンクラオ付近の飲食店に訪れた方!検査をお薦めします

その後、バンコク当局は新型コロナに対して厳格な措置を施しています。
保健省は、お店を訪れた人を積極的にスクリーニングしています。

疾病管理局、保健局、バンコクノイ地区事務所の職員が、カラオケ会場やかの地域のショップで働く約300人の従業員のチェックを実施し、それらすべてから綿棒のサンプルを収集しました。
12月15日から29日までバンコク都(BMA)が、パタデパート近くのイサーン・クローンゲーオレストランとノーンマイのカラオケショップを訪れた人々に、新型コロナに感染している可能性があるとして緊急発表を行った後、この大規模な検査が実施されました。

一部の従業員はこの病気に対して陽性を示しており、感染症のクラスターとなっている可能性があります。

パタピンクラオ周辺の雰囲気は、本日は落ち着いていて、年末年始のために数店舗しかオープンしているお店はありません。
食品およびベーカリーなどの小売り店は、このエリアの新型コロナのニュースを受けて、売り上げが落ち込んだと述べました。
しかし彼らの事業は、顧客の信頼を回復するために、安全スクリーンの設置、定期的に手を洗う、手袋の使用、アルコールジェルの設置などの疾病管理措置を引き続き講じています。

バンコク都は、これらの場所を訪れた人々は「02-203-2393および02-203-2396」の保健省にすぐに連絡するように依頼しました。
これにより、医療関係者は綿棒のサンプルを収集して、ウイルスの拡散をを防ぐことができますので、改めて協力をお願いしています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします