トップモデルや有名投資家が絡んだ大事件に発展しそうですが…

Picture: Daily News

電子タバコは、タイでは厳罰の対象となります。

大量の電子タバコをネット通販などで売りさばいた「hi-so」のトップモデルとプリティー(コンパニオン)が逮捕となっています。

約5万本分の電子タバコの液体1ガロンと、1,500台の喫煙装置および関連機器が押収されました。
それはすべて1000万バーツ(3,500万円)の価値があり、オンライン上で販売されていました。

これまでに4名が逮捕されました。

現在、20のモデルとプリティ(PRコンパニオン)並びに、運営の背後にいる有名投資家やその他の人々とともに調査されています。
(名は明かされていない)

調査が完了した後、モデルらは製品を宣伝し促進した罪で起訴となります。

地元メディアでは、名前を挙げずに、そのモデルの女性の内の1人が「hi-so」のトップマガジンモデルであると報告しました。

この事件は、非常に厳しい刑期の判決を下すことができる、電子タバコの液体の生産した罪を含んでいます。

なんだか闇が深そうな事件ですね~。
事件の大きさの割には、あまり表には公表されてこなそうです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします