• 火. 8月 3rd, 2021

バンコクの大気汚染ワースト7位。本日は特にPM2.5の割合いが高いのでご注意を。

Byサイト運営

12月 14, 2020

タイの首都は12月14日月曜日の朝から大気汚染の状態が悪く、58の地区の住民の健康に影響を与える可能性があります。

大気質および騒音管理部門は、24時間以内の平均PM2.5(直径2.5マイクロメートル未満の粒子)ダスト粒子レベルの記録は、バンコクのいくつかのエリアで1立方メートルあたり50マイクログラムで標準を超えるPM2.5レベルとなっていることを示しています。

最も危険な地域はバンケー地区です。 居住者はフェイスマスクを着用し、野外活動を避けるように促されています。
専門家は、咳、呼吸障害、目の炎症、頭痛、または吐き気がある人に医師の診察を受けるようにアドバイスしています。

午前10時40分、大気汚染のモニタリングIQAirでは、バンコクを7番目に汚染された都市にランク付けしました。 

バンコク在住の方は、今日はお子さんを外で遊ばせないようにした方が良いかもしれません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP