タイFDA大麻栽培登録アプリを発表。その名も「大麻栽培」!

タイ食品医薬品局(FDA)は、6月にタイで自家栽培の大麻と麻の栽培が正式に許可されますが、それを可能にする登録アプリ「プルックガン」(大麻栽培)を紹介しています。

6月1日水曜日に、国内プランテーションのFDAの承認に従ってアプリケーションが開発されたことを明らかにしました。
大麻を栽培する者は、FDAに対しアプリで登録する必要があります。

この「プルックガン」アプリは、IOSシステムとAndroidシステムの両方で利用が可能です。
登録自体webサイト、http://plookganja.fda.moph.go.th/でも可能です。

登録は6月9日から可能で、3つの簡単な手順①登録、②栽培の目的。③電子確認通知の受領。

しかし現時点では、登録にタイのIDカード番号が必要となっており、タイ人以外の希望者が登録を許可されるかどうかについて矛盾する状況となっているようです。

おそらくタイは基本とりあえず始動してみて、問題があったら改善するというケースが多く見られます。
日本は、なるべく問題点を先に改善してから発信するようにしますが、一度発進すると間違っていてもなかなか改善されないというケースが多いかと思います。
両方の良いところを上手く抽出できれば理想なんですけどね。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る