延期となっていたゴールドライン、グリーンライン延線部分がついにオープン。

PHOTO: Thailand Construction News

タイのプラユット首相は、12月16日水曜日にグリーンライン延長とゴールドラインの開通式を主宰するため、バンコク初の無人スカイトレインに乗る予定となっています。
スカイトレイン延長は、モチット駅からサパンマイ駅を経由してクーコットまでとなっています。

無人列車が特徴のゴールドラインモノレールは、クルントンブリ駅のグリーンラインに接続しています。
プラユット首相は、彼の内閣のメンバーと地元のメディアと一緒に、トンブリからクロンサン事務所の駅まで乗ります。
新しい延長と路線は、パトゥムタニー、バンコク、サムットプラカーンの3つの行政区の間で人々の通勤を途切れることなく円滑に結ぶこととなります。

グリーンラインの延長により、さらに7つの駅が追加されます。
PhahonYothin59~Sai Yud~Saphan Mai~Bhumibol Adulyadej Hospital~Royal Thai Air Force Museum~Yaek Kor Por Aor~Khu Khot(ドンムアン国際空港の近く)です。
この延長により、グリーンラインの長さは68キロメートル、59の停泊駅、1日あたり最大150万人の乗客の収容が見込めます。

ゴールドラインモノレールの最初のフェーズでは、クルントンブリ、チャルーンナコン、クロンサーンの3つの駅の間を走り、1.8キロメートルをカバーし、1日あたり最大42,000人の乗客を収容できると政府のスポークスマンは述べています。

このラインはまた、中国製のボンバルディアイノビアAPM 300自動ピープルムーバーを使用する、国内初の自動ガイドウェイトランジットとなっています。
ターミナル間で乗客を輸送するために空港で一般的に使用されるモデルは、1時間あたり最大80キロメートルの速度をサポートします。

当初、ゴールドラインは延長計画の一部ではありませんでしたが、アイコンサイアムへの訪問者を増やすためにショッピングセンターの関係者によって提案されました。
新しいゴールドラインは2016年に承認されました。

さらに今後数年間で、2021年のダークレッドライン(Bang Sue-Rangsit)、2022年のピンクライン(Khae Rai-Minburi)、2024年のライトレッドライン(Taling Chan-Siriraj)など、さらに多くのプロジェクトが開始される予定となっています

Anuchaによると、2021年から、毎年新しいセクションがオープンします。
2021:ダークレッド(バンスーランシット)とライトレッド(バンスー~タングチャン)
2022年:ピンク(ケーライ~ミンブリー)と黄色(ラップラオ~サムローン)
2023年:ダークレッド(ランシット~タマサット大学ランシットキャンパス)とライトレッド(タングチャン~シリラート)

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします