政府の補助金目当てに価格を釣り上げる業者は、庶民パワーで追放していきましょう

先日お伝えさせて頂きましたタイの景気刺激策であり、タイ国民への補助政策の一つである「コンラクルン」(半分この意)。
加盟店ならモール内の飲食店からちょっとした市場の屋台売りまで利用できると、非常に国民から好評の政策なのですが、こういった善政を布いても必ず悪用する者が出てくるようです。

何でも50%オフ?タイ人救済プログラム「コンラクルン」を知っているか?!

大蔵省は「コンラクルン」補助金制度に参加している小売業者に、価格の高騰とそういった店舗での買い物客の利用をやめるよう呼びかけている。

財政政策事務所(FPO)の財政政策顧問で同省のスポークスマンであるポーンチャイ氏は、市場価格のつり上げは新型コロナ禍の崩壊で人々の生活費を補助するというスキームの目的にも反すると述べた。
同氏は、スキームの規則に違反する小売業者に関する苦情は、FPO(02-273-9020 内線3697、3527、3548、3509)に電話するか、クルンタイ銀行(02-111-1144)に通報するか、halfhalf @ fpo.go.thに電子メールで報告することができると述べました。

「同省はこの問題を調査するために関連当局と協力している。規則に違反していることが判明した小売業者に対しては法的措置を講じます」と彼は述べました。

11月30日現在、87万以上の小売り店舗と900万人以上の市民がこのスキームに参加しています。
これまでのところ、総支出は317.7億バーツであり、そのうち162億2000万バーツが国民によって、15.55百万バーツが政府によって費やされています。

支出が最も多かった上位5州は、バンコク、ソンクラー、ナコンシータンマラート、スラートターニー、チョンブリーでした。

実質50%オフだからといって、違法に価格を釣り上げて、庶民への補助金を召し上げようとする悪徳業者がいるようです。
そういった業者は、ネットなどでどんどんアップして情報を共有していきましょう。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします