僧侶が麻薬の売人に?11台の携帯と拳銃も所持。どちらが本業?

PHOTO: Siamrath

もちろん、全ての僧侶がこうではないだろうし、この人たちは特別だと言ってしまえばそれまでですが、いや、一件でもあってはいけないことではないですかね。

11月21日(土)チャイナートのホテルで、県内の顧客に480万個の違法薬物の丸薬を密輸した疑いで、仏教徒の大僧正、仏教僧、およびパヤオ寺院の3名の仲間が逮捕されました。

パトロール特別作戦部の警察。
チャイナート県マノロム地区の顧客に薬を届けるために、仏教僧のグループと一緒にピックアップトラックを利用して、北部から密輸された違法薬物が密輸していると通報がありました。と述べた情報を受け取りました。 19時~22時30分までの出来事です。

警察当局によると、僧侶たちは警察の検問所で止められることを避け、麻薬のブツを隠すために関与していると思われます。

警察の調査によると、密輸容疑者は19時頃に県内に到着し、ホテルに1泊していました。
採取的には、北部の県であるチェンライ、チェンマイ、パヤオからやって来た、5名のドラッグディーラーと合計480万個の違法薬物の丸薬を確保しました。

2台の車、11台の携帯電話、45口径のグロック銃器、および14ケースの弾薬が発見され没収されました。
それらのすべては、法的手続きのためにパトロールおよび特別作戦部門へと連れて行かれました。
当局によると、僧侶たちはまた解体され、破門となります。

このグループは、カテゴリー1の物質(メタンフェタミン)を所持および、または販売したという複数の容疑がかけられています。
そのうちの1名は、許可なく銃器と弾薬を所持していたとして起訴されました。

もはや、何がなんだかわからなくなりますね。
僧侶?ギャング?麻薬ディーラー?
もうどっちが本業かわからないレベルで、もはや魔が差したとかではすまされませんよね?

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします