• 木. 8月 5th, 2021

新たに始まった飲酒検問。その透明性、正統性をアピール。

Byサイト運営

11月 6, 2020
Photos by Pornprom Satrabhaya

先日、11月4日よりあらたな飲酒検問が実施されることは、こちらでもお知らせいたしました。
実施後、さらなる詳細が判明しました。

【注意】11月4日より飲酒検問が開始されます。

水曜日の夜、スクンビットソイ55のトンロー警察署の前で、新システムでの飲酒検問が試行されました。
今回、警察がテストで確認したかったことは、検問での透明性でした。

新しい国家警察署長は、賄賂や横領に関連する腐敗を減らし、人員をより適切に管理し、透明性を向上させるために、これまでのようなランダムな飲酒検問の停止を命じました。

当日トンロー駅前に設置された検問所は、長さ20メートルの大きな検問所で、12人の警察官が配置されていました。
150メートル前に運転手へ警告する点灯標識があり、交通コーンで区切られ、4台のCCTVカメラが設置されています。

中規模のチェックポイントでも9人の警察官が必要であり、小規模のチェックポイントには7人の警官が配置され、すべてのチェックポイントには透明性を確保するためにCCTVカメラが設置されているとのことです。

また運転手が過去の映像を見たい場合、カメラの映像は3日前まで遡ることが可能であるとのことで、運転手は携帯電話を使用して警察が車両を捜索していることを記録することも可能だと言います。
運転手が不当に検査が行われていると感じた場合は、ホットライン番号「1559」に電話することで、苦情を申し立てることもできます。

チェックポイントの役員は、自分の階級と名前を示すバッジを着用する必要があり、法律に違反したかどうか、どのように違反したかを人々に説明するときは礼儀正しくなければならない、と彼は述べた。

こういったことが各方面で厳格に実施されていけば、タイは本当に住みやすい良い国になるのではないでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP