• 木. 6月 24th, 2021

【注意】11月4日より飲酒検問が開始されます。

Byサイト運営

11月 3, 2020

 

11月4日よりタイ王立警察は、再び全国の飲酒運転チェックポイントを再開するとマスコミ向けに発表がありました。

アルコール検出チェックポイントの新しいモデルには、1人の警察監督者、2人の警察検出器、3人のアルコール検査ブースの警官、4人の予防チームの警官、1人のブースの監視警察、1人の捕獲係からなる12人の警察官で臨みます。
予備の人員を利用して、チェックポイントの前に道路を「遮断」し、ドライバーがUターンしたり逃走したりしないようにすることもできます。

上の写真の右から左に、ドライバーは最初に、車両が確実に停止するように、または必要に応じて追跡ができるように設計された2人の予防チーム警官に遭遇します(4)。
その後、車両は短い職務質問のために停止し、2人の検出担当者に確認させます。
これらの役員は、酔っている可能性のあるドライバーに次のポイントにフラグを立てるか、責任を持って運転していると思われるドライバーに先に進むように指示する責任があります(2)。

この時点でドライバーは、さらにテストするようにフラグが立てられている場合、アルコール検出チームに移動し結果を確認します(3)。
結果は、透明性を確保するために監視警察官(5)と監督者(1)によって検証されます。

このエリアには、誰もが逃げようとするのを防ぐために、さらに2人の将校が配置されています(4)。

ドライバーのテストが陽性の場合、役員に転送されます(6)。

新しい優先事項に先立って国家警察署長は、当局によって合法的に運営されていない多くの警察検問所が確認されたため、透明性を明確にするために、10月2日にタイ全土のすべての飲酒運転検問所の一時停止を命じました。

本日発表されたチェックポイントの設置に関する新しい規制は、適格で認可された基準に到達するために厳密に実施されると信じられている、と強調しました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP