10月1日より長期滞在希望の観光客の入国が本格始動

政府官報のウェブサイトは、9月15日に長期滞在の観光客がタイに入国できるようになる特別観光ビザ(STV)を発行すると内閣が承認しました。

特別観光ビザ(STV)を申請する外国人は次のことを行う必要があります。

①公衆衛生省の規制の下で王国に数ヶ月滞在したい低リスクの国からの外国人であること。

②指定された病院/ホテルで14日以上、代替の検疫場所に滞在することを含め、政府が規定する予防措置の遵守を受け入れます。

③長期滞在中に滞在する場所の証拠を提供します。

④県の代替検疫施設として選択されたホテルの宿泊施設または病院への入場料の支払い証明書を提示します。

⑤証拠として次のいずれかを提供します。

a、検疫からの退所後に使用されるホテルまたは宿泊施設の支払い証明書。
b、訪問者または家族が所有するコンドミニアムの所有権証書のコピー。
c、宿泊施設を借りている証拠(コンドミニアムまたは持ち家)。
d、外国人が合法的に購入またはリースできるコンドミニアムタイプの住宅の購入またはリースに対する支払いの証拠。

⑥タイでの滞在期間全体をカバーする健康および健康保険契約の証明。外来治療の場合は40,000バーツ以上、入院治療の場合は40万バーツ以上の医療費の保険が適用されます。 

上記で必要な証拠を持っている外国人は、選択された国のタイ大使館または領事館から1回限りのSTVを申請する資格があります。対象となる訪問者は、王国に90日間滞在するために、2,000バーツのビザ料金が請求されます。

この期間が終了すると、入国管理官は、訪問者がビザを2回、それぞれさらに90日間更新することを許可する権限を持ちます。外国人は、規則に従って申請書を提出し、追加料金を支払う必要があります。

特別観光ビザ(STV)は2020年10月1日~2021年9月30日まで有効になります。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします