タイの悲惨な経済見通しがアジアで最悪である理由

 

2020年7月7日。
日本の東京ではここ最近、新型コロナ新規感染者が100人越え、日本全体でも200越えとパンデミック第2波を懸念する声が大きくなっている。
その点タイは、40日以降国内での感染者はゼロと生活もほぼ以前と同様、日常が戻ってきた感がある。

しかし、新型コロナ封じ込めに成功したタイではあるが、それと引き換えに失ったものがある。それが「経済」だ。
タイの地元メディア「Bangkok Post」では次のように語っている。

タイはコロナウイルスの封じこめに成功した事例としてニュースにあげられることがある。 しかし、その経済の見通しはアジアで最も暗いものとなっている。

タイ中央銀行によると、国内総生産は今年8.1%縮小すると予測されています。 これは、アジア全体の主要経済の公式予測よりも悪く、20年前のアジア金融危機以上の、タイ史上最大のGDP低下になるでしょう。

世界銀行内のタイの経済学者であるキアティポン・アリヤプルチャ氏は、「タイは、観光ハブとしてGDPの15%近くの大きな経済比率を持ち、輸出志向セクターの経済比率も大きい。そしそれはGDPへの大きな衝撃となる」と語った。

ブルームバーグが調査したアナリストは、タイの経済は東南アジアの他の経済よりも6%縮小し、2021年には4%の弱いリバウンドになると予測しています。

緊急事態令、夜間外出禁止令、およびウイルスと戦うために全国的に課された営業規制は、すでに控えめであった昨年から個人消費と投資を押しつぶしました。 ロックダウン制限が解除され、政府の刺激策が経済全体に波及するため、購入は回復すると予想されますが、見通しが暗いため、投資家が戻ってくるには時間がかかる可能性があります。

パンデミックが国境閉鎖を余儀なくされたため、年間の観光客の到着は、800万人に減少すると予測されております。この数字は昨年の5分の1にすぎません。

一部の国との旅行バブルの計画にもかかわらず、当局はゆっくりと慎重に国を開くために進んでいます。

一見したところ今年のタイの輸出は、2020年の最初の5か月のうちの2か月だけ縮小して、比較的順調に進んでいるように見えます。

結局のところ、1つの商品の歪みが全体的な打撃を和らげるのに役立ちました。それは「金 」です。パンデミック中の金価格の上昇により、地元の投資家が金を販売するようになり、総輸出が増加しました。 金を除くと、総出荷量は世界的な需要の低迷とサプライチェーンの混乱により大きな打撃を受けています。

バーツトラブル

過去3か月の間に、バーツは米ドルに対してほぼ6%上昇し、ブルームバーグが追跡したアジアで2番目に優れたパフォーマンスを見せています。 今年のBOTの3つの金利引き下げによりベンチマーク金利は過去最低の0.5%に達しましたが、パンデミックの封じ込めにおける国の成功は通貨を堅調に維持しています。
中央銀行はバーツの強さに懸念を示しており、それは輸出を妨げ経済回復を困難にするでしょう。 当局は、必要に応じてバーツを緩和するための追加措置を検討していると警告している。

弊サイトでも、複数回にわたり藤澤慎二先生の記事:【タイランド太平記】コロナ制圧を自画自賛するタイ政府は韓国政府と同じ?を紹介してきたが、いよいよ本格的にタイ経済の落ち込みが国民の生活に影響してくる時が来るのかもしれません。タイ政府には新型コロナで見せた強いリーダーシップを持って、今はタイ経済の立て直しにも本格的にメスを入れていく時なのかもしれません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします