• 月. 10月 18th, 2021

バンコクの両空港では、万全の水害対策で有事に備える。

Byサイト運営

10月 7, 2021

度重なる大雨の影響で行っているタイの洪水。
隣県のアユタヤまで迫ってきているため、バンコク北部の住民が不安を感じています。

バンコク北部のドンムアン空港では、豪雨や洪水に対処する準備ができており、堤防が決壊しても3時間で水を排出する能力があると述べています。

ドンムアン空港のディレクターであるタニー氏は、大雨が降った場合、具体的には空港は滑走路、誘導路、航空機の駐機場から水を排出できると説明しています。

さらに空港では、100万立方メートルの水を収容できる3つの貯水池、ウィバワディ・ランシット道路のプレムプラチャコーン運河に洪水を排水するためのポンプシステム、および水を運河に迂回させるための東のポンプシステムを備えた排水システムを準備していると言います。

同士は、空港には近隣地域からの洪水を防ぐ計画もあると述べた。
堤防が決壊した際は、ウィバワディ・ランシット道路のバリアゲートを閉じ、土嚢をストックし、バックアップ電源とポンプを準備しています。

同氏によると、空港には洪水の交通計画もあり、空港のシステムを維持するために他の機関や民間部門と連携する予定です。
この対策は、バンコクを含む多くのエリアが襲われた2011年の大洪水と同様の災害を防ぐことを目的としています。
2011年当時、ドンムアン空港は、大洪水の影響を受けていました。

一方、スワンナプーム空港のディレクターであるキティポン氏は、空港は洪水を防ぐために23kmに及ぶ3.5メートルの堀に囲まれているため、洪水にも備えていると述べています。
空港はまた、400万から700万立方メートルの水を収容するために6つの貯水池と運河を確保しました。
キティポン氏は、空港には南側に2つの排水ステーション、8台のポンプがあり、それぞれが毎秒2立方メートルを排出可能だと述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP