【タイ】バンコクでお豆腐をつかった本格懐石料理を食する~『梅の花』

2020年6月28日。
新型コロナ禍真っただ中の5月30日にオープンした「ソラリア西鉄ホテルバンコク」。外部からの観光客が全く見込めず、マリオットなど有名ホテルでも現在も閉鎖を決め込んでいるところがある中、強硬とも思える日程でのオープンとなった。これにはどうも西鉄本体のお家事情もあるようだが…、この話しはまた別の機会に。

さてこの「ソラリア西鉄ホテルバンコク」内に唯一レストランとして参画しているのが、今回ご紹介する『梅の花』。
日本でも70軒もの支店を設けるお豆腐を使った本格懐石料理を食することができるお店として有名だ。
バンコクは初の海外進出先とのこと。

今回こちらでホテル業界の方々と久々にランチをすることとなったので、ご紹介させて頂こうと思う。

場所はアソーク駅直結!

BTSアソークの改札を降りて南側へ、階段を下りずにそのままの高さでチェックイン!可能です。そのままホテルフロントをお通り下さい。少しスタッフの視線が痛く感じますが、こちらは『梅の花』利用者です。堂々と入りましょう。左手奥のエレベーターで『梅の花』階へ。
※ちなみにまだ朝食時間はオープンしていませんが、将来的にはソラリアに宿泊すると『梅の花』が朝食会場となるそうです。

『梅の花』ランチを実食!

店内にはいりますと正しく純和風な内装に落ち着きを感じさせられます。個室は3部屋のみ。我々のグループ以外はスタッフ以外見かけない状況でした。

ランチメセットの種類は8+3の11種類。当初はベーシックな「つぼみランチ」で行こうかと思いましたが、裏に「豆腐ハンバーグセット」を見つけてしまいそちらの変更しました。

先ずやってきたのは、「ゴマ豆腐」と「茶碗蒸し」です。私はこのゴマ豆腐、これが大きなタッパーに入っていても全部食べ切ってしまうだろうほど美味しかったです。一口食べて、「うんうん」と言ってしまいました。茶碗蒸しは、上品な味と言ったところですね。ちゃんと美味しかったですよ。ただグループ内の味にうるさい御仁が、「茶碗蒸しはあんまり~」とか言ってました(汗)

ここで先に来た友人の「華ランチ」の全容を簡単にパチリ。これでお腹いっぱいになるのかな?とつい貧乏がでてきてしまうほどカワイイラインアップ。

そしてついにきました「豆腐ハンバーグランチ」。メインの豆腐ハンバーグですが、見た目はこれが豆腐なのか?と思うほどの肉肉しさでした。上の石版が熱くなっていて、そちらで直接焼くタイプでした。ただ豆腐ハンバーグからも石板にも油が引かれていなかったので(それがヘルシーなのでしょうが)ハンバーグが石に引っ付いてしまい、見た目がボロボロになってしまいました。ただ砕けたハンバーグもお口の中に入れてしまえば、特製ソースのうまみ成分と絡んでお味に問題はありません。

あとは豆腐ハンバーグを飾る品々、パリパリサラダにもちもちご飯、赤だしのお味噌汁、食後に杏仁豆腐がきて、フィニッシュです。(420バーツ。税サ別)

友人の小鍋仕立ての湯豆腐(メインメニュー)が全く来なくて、本人もこれで終わりなのかなと思っていたらしく、店員に聞いたらどうも完全に忘れられていたようでした。
お客がいな過ぎて気が抜けちゃっていたのかもしれませんね。ホテル業界の人たちだったので、当日は厳しい評価が飛び交っていました。

女性客、奥様方や接待などにはよいのではないでしょうか。

 

『梅の花』ソラリア西鉄ホテルバンコク内
営業時間
ランチ:11.00 – 15.00 (ラストオーダー14:00)
ディナー:18.00 – 23.00 (ラストオーダー22:00)

ご予約:084-438-3892
Facebook : https://www.facebook.com/UmenohanaTH/

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします