【タイ】ソムタムまで諦めるしかないのか……新型コロナの影響ここまで

4月15日。

タイは3月下旬より非常事態宣言下におかれ、
スーパーや銀行などの最低限のインフラ関連事業以外は
デパートやショッピングモール内も営業を停止しています。

そのような状況化において、質屋は営業しているようです。

質屋に公営と私営があり、現在営業を許可しているのは公営のみ。
そんな質屋では新型コロナウィルスの影響で、
当面の生活費欲しさにお客さんが殺到しているようです。

持ち込む品々も様々。

中でもタイ人のソウルフード「ソムタム」作りに欠かせない
石臼(クロック)を持ち込む人まで出ているんだとか。

屋台で購入するソムタムは危険と警鐘を鳴らす教授もおりますんで

参照:ソムタムが新型コロナウィルスに効くってホント?

石臼がないと、タイ人の心のよりどころを作ることができません。

しかも得た現金は200バーツ
それほど生活が困窮しているのでしょう。

※ちなみに新品で購入すると500バーツ前後が相場

これまでもタイ人たちは幾度となく国難を乗り越えてきました。
「タイ人は助けあおう」(コンタイチュアイカン)の精神で。

政府も「เราไม่ทิ้งกัน(ラオマイティンカン)」(私たちは見捨てない)の
キャッチフレーズで対策を講じています。

食事をシェアしているようなボランティア団体もいるのですので、
何とか頑張って乗り越えてもらいたいものです。

 

出典元:ข่าว 3 มิติ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします