風俗産業の営業午前4時まで延長案を採用すると…交通事故が10倍に?!

パタヤやプーケットの一部のような外国の観光地で、風俗産業の営業時間を午前4時までとするタイ政府観光局の提案は、まだ解決策や決定を下せていません。

事故削減ネットワーク事務局では、外国人観光地だけでのみ営業時間を拡大した場合でも、飲酒運転による事故は5~10倍に増える可能性があると述べています。
朝4時までの営業時間延長は、早期の市場訪問者、仕事、学校、ジム、およびその他多くの一般人の活動を妨げるだろうとも主張しています。

一方タイ政府観光局は、特にナイトクラブに関して、売り上げの大半は午前2時から午前4時の間であり、休暇中の外国人観光客は午前2時では早すぎると感じていると述べています。

風俗業態のお店やバーのオーナーは、現在ワールドカップが開催されており、多くの試合が時差の問題で深夜に行われていることを指摘しています。
試合の前に顧客を家に帰すことは、観光客を失望させていると主張しています。

さらに、提案はタイの地方や住宅地ではなく、圧倒的多数の観光客が運転しない観光娯楽地区のみを対象としていると述べ、飲酒運転率の上昇に対する懐疑論を指摘する人も多かった。
一部の事業主は、これによりタクシーの運転手や食品屋台売りにはるかに多くの収入がもたらされる可能性があると主張しています。

その観光地に置いて現状どれだけの事故が起きているか…。
(タイの交通事故死者数は周辺国と比べても異常です)
10倍は言い過ぎかもしれませんが、一般の人を犠牲にしてまで手にしたいお金はいくらだというのでしょうか?
相変わらず、お金が絡むとダメですね、この国は。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る