パタヤで青信号の横断歩道中の老人を、フルスイングで跳ね飛ばしたドライバーが逮捕。私はそれでも「逃げてません!」

全く躊躇なくフルスイングで横断歩道中の老人を跳ね飛ばし、意に関せずそのまま去ってしまったドライバーが警察に出頭しました。

事故を引き起こしたドライバーは警察に出頭し、被害者に謝罪しました。
しかし、彼は逃げていないと主張しています。

事件の詳細は、こちらから。

【動画あり】「外国人熱烈歓迎!」タイの道路横断は命がけです。

容疑者(61歳)は無謀運転と事故を引き起こした罪で起訴されましたが、彼は逃げたつもりはないと主張しています。
しかし、なぜ彼が現場を去った(というかブレーキすら踏んでいない)のかは不明です。

その後警察は容疑者を被害者宅に連れ、謝罪させました。
被害者のパーマーさんは、頭部に4針の大けがを負い、青信号がまだカウント12秒残っている状態で、容疑者が信号無視して突っ込んできたことを覚えています。

犠牲者、複数の目撃者、監視カメラの映像により、明らかに停車する意思すら感じないものを、なぜ容疑者が現場から逃げなかったと主張しるのかについて、マスコミにこれ以上の声明を出すこと、または質問に答えることを拒否しています。

ヘラヘラして表面的にその場を取り繕えば許されると思っているようなので、是非ともここは警察に厳罰に処して頂くよう求めます。
このまま野に放たれれば、また同じことをするでしょうか。
次は、子供かもしれませんし、死亡事故に繋がるかもしれません。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る