• 金. 12月 2nd, 2022

タイ政府、自国からの迫害などで保護を求める外国人の承認基準を定める。

Byサイト運営

10月 8, 2022

タイ内閣は、保護を求める外国人の審査基準を原則として承認しました。
これは迫害のために出身国に戻ることができない、または帰国を拒否する人々に利益をもたらします。

保護を受ける資格を得るには、その人が自国に戻ったときに害を受ける可能性があると信じるに足る理由がなければなりません。
これらの危害には、身体的攻撃、生命や自由への脅威、拷問、強制失踪、またはその他の深刻な人権侵害が含まれます。
その者が、過去に国際的保護を必要としないとみなされたことがあってはなりません。
無国籍者の場合、申請者は永住権を持つ国に戻ることができない、または戻る意思がないことが必要です。

保護を求める人も、履歴と警察の記録を確認する必要があります。
禁止された病気を持ち合わせていないことを確認する医師の証明書が必要です。

関係機関は原則としてこれらの基準を支持しています。

先日、ミャンマー政府より迫害を受けていた「ミスグランド2020」ミャンマー代表のハンレーさんが、親ミャンマー軍事政権とみなされているタイ政府よって、ミャンマーへ強制送還されてしまうのではないかと世界中が注目していました。
しかし結果として、善悪に関わらずどことも喧嘩をしない精神によって、彼女は晴れてカナダへ亡命することができました。

あの時、選択を間違えていたら、ロシア並みに世界中から非難を受けていたことでしょう。

「ミス グランド2020」ミャンマー代表のハンレーさん。カナダへ亡命に。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP