バンスーとランシットの間レッドラインは、来年2021年11月に開通予定。バンス―グランドステーションも同時にオープン

Photo: Wichan Charoenkiatpakul

慢性的な渋滞で苦しむランシット地区の希望の光となるか?!

バンスーとランシットの間の新しい路線、レッドラインのサービスは来年2021年11月に開通すると政府のスポークスマンは11日金曜日に語った。
試験運行は来年3月に始まるとも語りました。

タイ国営鉄道が運営するレッドラインは、新しいバンス・グランドステーションからパトゥムタニー県のランシットまで21キロにわたって運航します。
列車は1‘時間あたり最大120キロメートルで移動し、全行程は30分かかります。

毎日少なくとも27万人の乗客が電車を利用すると見込まれています。

改装中のバンスー・グランドステーションも2021年11月にオープンする予定です。

大枠の建設はほぼ完了しているそうです。 それはバンコクの大量輸送センターとなり、大量輸送列車の路線を列車やバスと結びます。
スポークスマンによると、プラユット首相は来週15日火曜日に建設の進捗状況を視察する。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします