• 土. 10月 8th, 2022

10月よりタイの最低賃金、約5%引き上げに。

Byサイト運営

8月 27, 2022

内閣の最終審議を待って、2022年タイの最低賃金は、10月1日から暫定的に5.02% 引き上げられます。
8月26日、労働省のブーンチョブ事務次官によると、具体的には全国平均で337バーツになるだろうとコメントしています。

同氏は賃金委員会が、雇用主、従業員、および増加すると予想される国の購買力など、いくつかの要因を考慮しこのような価格となったと説明しています。

最低賃金は行政区によって異なります。
調整により、チョンブリー、ラヨーン、プーケットでは最低賃金の国内最高額である354バーツが適用されます。
ヤラー、パッタニー、ナラティワート、ナーン、ウドンターニーでは328 バーツ、バンコク、ノンタブリー、ナコンパトム、パトゥムターニー、サムットプラカーン、サムットサコーンでは 353 バーツが適用されます。

会議の結果は承認のために内閣に提出され、2022年10月1日から施行されることが予定されています。

工場など人員を多く必要とする業務には負担増となりますが、最低賃金が低すぎるのも人々の労働意欲や犯罪に繋がる可能性もありますので、貧富の差をいくらかでも縮めるためにも必要な措置かと思います。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP