• 水. 8月 17th, 2022

タイの観光税300バーツに保険が付帯。

Byサイト運営

7月 15, 2022

観光スポーツ省が目論む300バーツの観光料金は、例外なくすべての外国人に適用され、事故の場合に1人あたり最大50万バーツの保険が適用されます。

しかし、2022年1月に提案されて以来、繰り返し延期されており、施行スケジュールは不透明です。

観光スポーツ省は、飛行機で到着する人々のための収集方法とシステムの準備ができていると述べています。
しかし、同省は陸と海の入国についてさらに調査を行う必要があると述べています。
つまり、すべての入国港に実行可能な収集方法が装備されたときにプログラムが開始されるのではないかと地元メディアは推測しています。

観光料金は当初、外交官と駐在員を除いて、海外からの到着者から徴収する計画でした。

しかし同省は、航空券システムは料金を組み込む必要があり、航空運賃はパスポートに記載されている乗客情報のみを認識するため、特定のグループへの免除は実施できないと述べています。

その結果、国籍やビザの種類に関係なく、タイ国民ではないすべての参加者に料金徴収が適用されると同省は述べます。

この300バーツの観光手数料は、外国人がタイに最大30日間滞在する際の保険が付帯しています。

事故、暴動、テロ攻撃、自然災害、その他の事件に遭遇した旅行者の補償範囲は最大50万バーツ、精神的苦痛によって引き起こされた損害の補償範囲は2万バーツまでが適用されます。

死亡した場合、保険は一人当たり100万バーツ、火葬費用の補償範囲は一人当たり最大15万バーツとなっています。
同省によると、Covid-19およびその他の種類の病気はこの対象から除外されています。

しかし、国境間での貿易とビジネスを促進するために、短期滞在での入国者の手数料は300バーツから引き下げられるだろうと同省は述べています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP