• 水. 8月 17th, 2022

ラチャブリーにタイ初のエクストラドーズド複線鉄道橋。9月に運行スタート。新たな観光地として期待。

Byサイト運営

6月 26, 2022

タイ国有鉄道(SRT)によると、ラチャブリーのメークロン川を渡るタイ初のエクストラドーズド複線鉄道橋が完成し、9月までに運行をスタートする予定とのことです。

エクストラドーズドモデルは、長さは340メートル、川の160メートルのセクションを横切っており、高さは16メートルになっています。

「橋は、川の真ん中にある基礎の支柱の代わりに、張力ケーブルを使用してその重量を支えています」とSRT担当者は説明しています。
「SRTは川床を調査し、第二次世界大戦時代の1,000ポンドの爆発物が7つあることを発見したため、それらを取り除くリスクを回避し、代わりにケーブルアプローチを選択しました。」

4億4000万バーツの新しいダブルトラック橋は、1901年に建設されたシングルトラック鉄道橋であるチュラロンコン橋と並んで走っています。

この橋の名称についてSRTは、ブラチャートやチュラロンコーン2の2つの名前を候補に挙げましたが、国王陛下がこの橋にユニークな名前を思い付くことが期待されているとのことです。

SRTはまた、線路やその他のインフラが橋に設置され、9月までに使用できるようになるだろうと述べています。
これは、ナコンパトム~フアヒン鉄道プロジェクトの一部でもあります。

新しいエクストラドーズド橋では、車両と歩行者用のタナラット橋と電車用のチュラロンコン橋を含む、メークロン川を横切る3つの橋が並んで設置されており、ラチャブリー県に新たな観光地として期待されています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP