• 日. 7月 3rd, 2022

貴方の資産は大丈夫ですか? アジアで最も地盤沈下の進む都市バンコク。ジャカルタは首都移転へ。

Byサイト運営

5月 17, 2022

バンコクが、アジアで最も地盤沈下が進む都市の1つであることはもはや周知の事実です。

バンコク、ダッカ、ジャカルタ、マニラ、上海は、地盤沈下と言う点において、最も危険にさらされているアジアの都市のです。

2030年までに、約6億人のアジア人が海面上昇の影響を受けるでしょう。
サイクロン、高潮、満潮、海面上昇により、2030年までに深刻な洪水が発生します。

これは、海面上昇と気候変動が、バンコク、ダッカ、ジャカルタ、マニラ、上海など、アジアの沿岸都市の人口と経済に深刻な脅威をもたらしているため、進展しています。

新しい研究によると、海の上昇は2050年までに以前考えられていたよりの3倍もの人々に影響を及ぼし、バンコクを含む世界の偉大な沿岸都市の一部をほとんど消し去る恐れがあります。

タイ政府の対策は?

明らかに、政府はバンコクとともに、運河の浚渫(しゅんせつ)、バンコクの排水システムの改善、チャオプラヤー川沿いに77kmの洪水壁を増加させるなどのいくつかの対策を講じています。

この現象は、ベトナムのホーチミン市の多くの地域が、年間0.2〜0.4インチ沈んでおり、バンコクだけではありません。
ベトナム自然資源環境省とホーチミン市工科大学の調査報告によると、この都市はすでに約1.3フィート(0.4メートル)沈んでいます。

また、インドネシア最大の都市であるジャカルタが、すでに新しい首都(移転)を作り始めなければならないほど深刻になっています。
ジョコ・ウィドド大統領は2019年に、海面上昇とビル崩壊のリスクのために首都をジャカルタから移転する必要があると発表しました。

そして現在、新首都はカリマンタン島の東部「ヌサンタラ」(群島)に移転することが決定しています。

 

これらの主な原因は、「地下水の乱獲、急速な都市化、および活発な輸送活動などによる交通振動」が上げられます。

世界で最も大きく、最も急速に成長している都市のいくつかは、川や海岸沿いにあり、自然災害にさらされています。
バンコクは、海と川の洪水のケーススタディとして最も良い例となっています。

各国がこれらの都市に人、資産、インフラストラクチャを投資し続けると、これらの地域での損失の可能性も高まります。

2100年までに2メートル近く上昇

将来の海面上昇の予測については報告が大きく異なりますが、次の世紀に1メートルの上昇が予測されています。

他の説では、2100年までに1.9メートルに近いレベルが示唆されています。

 

私は実際にバンコクの隣県サムットプラカーンに住んでいるのですが、5年前に購入した持ち家が約5センチ近く沈下していることが分かりました。
これがそのまま1年に1cm沈下しているとは限りませんが、(基礎工事の施工不良問題なども考えられます)より海に近い地域ですので、程度の差こそあれ地盤沈下は避けられないものと思われます。
購入か、賃貸か?
あなたなら、どっち?

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP