• 火. 5月 24th, 2022

ロシアの国連人権理事会の資格を停止する決議案。タイは「棄権」票! タイ大使が釈明。

Byサイト運営

4月 8, 2022

ウクライナの首都近郊ブチャで多くの市民の遺体が見つかったことを受けて、アメリカなどはロシアの国連人権理事会の理事国としての資格を停止するよう求める決議案を国連総会に提出し、93か国が賛成して採択されました。
(その後ロシアは、自ら脱退しています)

採択の結果、58か国が棄権し、93か国が賛成、24か国が反対票を投じました。
今回、親ロ派も多いタイは、棄権に回りました。
主な棄権投票国としては、バーレーン、バングラデシュ、ブラジル、ブルネイ、エジプト、インド、イラク、インドネシア、マレーシア、パキスタン、カタール、サウジアラビア、シンガポールが上げられています。

なお反対票を投じたのは、北朝鮮、エリトリア、イラン、ラオス、ベトナム、ジンバブエ、ロシアでした。

タイの国連特使は、投票で棄権票を投じた理由を7つ述べました。
引用された7つの理由は次のとおりです。

①タイは、透明性、中立性、多国間主義を遵守しています。
タイは、ロシアの加盟を停止する決定は、慎重に検討し、原則に基づく協議、事実の検証、建設的なアイデアや見解の提示、および影響を考慮に入れる必要があり、軽微な問題ではないと考えています。

②タイは、ウクライナでの戦争の継続により愛する人を失ったことに対して、ウクライナの人々とその家族に深い悲しみを表明したいと思います。

私たちは、ウクライナにおける紛争の拡大と人道的危機を非常に懸念しており、ブチャの場合も含めて、迅速に対処しなければならないと考えています。
私たちは、全ての行動は、透明性があり、中立的で、包括的であるべきだと信じています。

状況の公正な評価には、受け入れられた事実と具体的な証拠が必要です。
したがって、私たちは、国連安全保障理事会が独自に調査し、公平で透明性のある包括的な方法で深刻な申し立てに取り組み始めるよう求めることを支持します。

⑤私たちは、すべての当事者が民間人を保護するために国際人道法を遵守し、失われた別の命は多すぎるため、差別なく人道支援にアクセスできるようにすることを強く求めます。

⑥私たちの側ではタイは、無差別および建設的な対話による人権理事会に沿って、ウクライナでの紛争に苦しむ人々を支援するために人道支援を提供し続けます。
私たちは、紛争を終わらせることである人道的危機を終わらせる唯一の方法として、継続的な政治交渉への断固たる支持を繰り返します。
タイは、暴力的な戦いを終わらせ、紛争を終わらせるために最善を尽くすために、あらゆる側面と国際社会からの全面的な努力を呼びかけます。

⑦タイは、平和を追求し、永続的な解決に向けて、関係者全員による政治交渉を求める私たちの要求を繰り返します。

またお花畑の国に引きこもってしまったのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP