• 木. 5月 26th, 2022

タイ政府、さらに3つの国立公園をアセアン自然遺産公園認定を目指すと発表。

Byサイト運営

3月 30, 2022

3月29日、タイ内閣は、天然資源環境政策計画局からの提案を受け、追加で3つの国立公園をアセアン自然遺産公園リスト入りを求めていくことを明らかにしました。

3つの国立公園とは、ルーイ県のプークラドゥン国立公園、プーキアオ野生生物保護区、ペッチャブーン県のナムナーオ国立公園です。

報道官のトライスリー氏によると、天然資源環境政策計画局は、アセアン遺産公園プログラムの事務局として機能するアセアン生物多様性センターに必要な書類を提出し、申請する予定とのことです。

プークラドゥン国立公園はペッチャブーン山脈にあり、自然林が総面積の98%以上を占めています。
ここには、珍しい動植物や、カモシカ、マレーセンザンコウ、エロンガータリクガメなどの保護すべき野生生物が生息しています。

プーキアオ野生生物保護区とナムナーオ国立公園には、複雑な地形や洞窟などと共に、地域の96%以上を覆う厚い森があります。
珍しい花や、マーブルキャット、カモシカ、インドホッグジカ、ウンピョウなどの保護動物が生息しています。

タイでは、現在以下の7カ所がアセアン遺産公園に指定されています。
①カオヤイ国立公園
②タルタオ国立公園
③ムーコッスリン=ムーコッシミラン=アオパンガー国立公園
④ケーンクラチャン国立公園
⑤チャオマイ国立公園=ムーコッリボン非狩猟地域
⑥ムーコッアーントーン国立公園
⑦カオソック国立公園

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP