• 火. 5月 24th, 2022

タイ財務省、総合インフレ率が年内に7%に上昇する見込み。アジア金融危機以来の最高値に。

Byサイト運営

3月 23, 2022

3月23日タイ財務省は、世界的なエネルギー価格の高騰は、国の総合インフレ率が年内に7%まで上昇する可能性があると述べています。
これは1997-98年のアジア金融危機以来の最高レベルです。

タイ財務大臣は、ロシアのウクライナ侵攻に対する制裁の結果として、原油価格の高騰と並行して総合インフレ率が上昇すると予測しています。
原油価格がこのまま、1バレルあたり100ドルを上回ったままである場合、総合インフレ率が5〜7パーセント上昇すると予想しています。

一方、S&Pグローバルレーティングは、タイの4つの商業銀行を格下げしました。
S&Pは、サイアムコマーシャル銀行とカシコン銀行の格付けをBBB +からBBBに格下げし、クルンタイ銀行とTMBタナチャート銀行の格付けをBBBからBBB-に格下げしました。

格付け機関は、タイの銀行のシステムリスクが上昇しており、家計債務の増加が予想よりも長く続く可能性が高いと述べています。
このケースシナリオでは、タイの銀行が保有する不良債権が、2008年の世界金融危機以来の最高値となる現在の3%から今後24か月で5%に増加するだろうと予測しています。

いずれにせよ、一刻も早く戦争を終わらせるべきです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP