タイ南部では、マスクをしないと約7万円の罰金に?!

今回の行動規制は昨年と比べるとユルイ!と言う声も聞こえてきていますが、さらに厳格に水際対策を独自に行っている県もありますので、ご注意ください。

タイ南部のスラタニー県(サムイ島含む)の人々は、屋外では必ずマスクを着用する必要があります。
さもないと、多額の罰金が科せられる可能性があります。

この動きは、昨日、県知事ウィチャウット氏から地区長と市長に通達された内容から判明しました。

州知事は、州内のいたるところに発生している新型コロナ感染者の急増を懸念しています。

2015年法第51条の詳細では、違反に対して最高20,000バーツ(約7万円)の罰金が科せられるとのことです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします