• 火. 5月 24th, 2022

新規開港したばかりのベートン国際空港で、ノックエアーが相次いでキャンセルに。

Byサイト運営

3月 17, 2022

一体、何が起こったのでしょう。

プラユット首相が3月14日月曜日、ヤラー県ベートン国際空港の開港式を行った後、ノックエアーは急遽フライトをキャンセルするという事態に発展しました。

16日水曜日に、タイ航空局はノックエアーのフライトキャンセルについて航空会社に説明を求めました。

ノックエアーは、ベトン空港からのフライト予約が火曜日に一方的にキャンセルされたと言います。
理由は述べられていません。

プラユットと内閣閣僚らは、ヤラーのヤロム地区にあるタイの最新の商用空港の開港式を主宰するために、ノックエアーが運航する最初の商用飛行でドンムアンからベートンに飛びました。

ある利用者は、3月18日金曜日の午後12時30分にベートンを出発し、14時30分にドンムアン国際空港に到着する予定のDD5183便を予約したと言います。
しかし空港側は利用客に電話で連絡し、ハートヤイ国際空港に移動する必要があることを知らせてきました。
もしくは払い戻しを選択できると言われましたが、45日待つ必要があるとのことでした。

地元の路線グループは、航空会社に説明を求めました。
話しによると、事前にフライトを予約した乗客の数が30人未満だったため、航空会社は2つのフライトをキャンセルしたと言います。

タイ航空局によると、ノックエアーはベートン~ドンムアンルートで運航する準備ができていると断言したものの、水曜日と金曜日のフライトは「マーケティングミス」のためにキャンセルとなったと述べています。
ノックエアーが「関係機関とのルート運営を再検討する」と述べているそうです。

本来金曜日には、YouTuberやソーシャルメディアのインフルエンサー、観光事業者をベートンへのフライトに招待し、「インフルエンサーフライト」を企画する予定だったようです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP