• 水. 5月 25th, 2022

タイ観光の街で、3200人ものロシア人が資金不足で立ち往生。

Byサイト運営

3月 10, 2022

2月24日ロシア軍によるウクライナ侵攻で、世界は一変してしまいました。

タイには多くのロシア人観光客がおり、欧米諸国からの経済制裁により、サムイ島とタオ島とパンガン島の近くの島々で3,200人ものロシア人観光客が現金が不足して立ち往生しており、50人がすでに助けを求めているとロシア領事は3月9日水曜日に述べています。

彼らは現在、空域の閉鎖、制裁のために一時的に航空会社が閉鎖されたために帰国できず、選択された主要なロシア国立銀行が制裁のために、ほとんどのクレジットカードによる国際送金で支払いができない状態となっています。
中国企業である「銀聯」と協力して資金を調達することができた人もいましたが、それでも多くの人は困難な状況に陥っています。

一方、サムイ島観光振興協会は、ロシア人とウクライナ人の両方の観光客のためにビザの延長を推進しています。

ロシア軍によるウクライナ侵攻については、ロシア人観光客そのものに直接罪はないのかもしれませんが、自国の政府が起こした大罪です。
これはロシア大使館が処理すべき問題です。
ロシア大使館へは、一刻も早いウクライナからのロシア軍撤退と平和的解決、補償を求めます。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP