• 水. 5月 25th, 2022

三菱自動車、タイ郵政、PTT3社による電気自動車マーケットへの参画を表明。

Byサイト運営

3月 10, 2022

三菱モーターズ(タイランド)社、タイランドポスト社、PTTオイルアンドリテイルビジネス社(OR)は、小包配達用のバッテリー駆動の電気自動車(BEV)を研究するための覚書に署名しました。

1年間のパイロット調査では、2台の三菱電気自動車の「Minicab MiEV」を使用して、ラックシーとクロンルアンにある2つのタイ郵政の顧客に小包を配達していきます。

両方の場所で、ORは「Minicab MiEV」の標準充電システム(AC)を介してEV充電ステーションを設置します。
その後、EVの使用状況データと郵便輸送の使用状況が、タイ郵政によって収集および分析されます。

トレーニングやフィールドスタディは、三菱自動車タイ、タイランドポスト社、ORの間で共同開催され、すべての関係者が技術的な知識とノウハウを交換できるようになります。

このパートナーシップは、企業の二酸化炭素排出量を削減し、環境に優しい配送プロトコルを促進するための取り組みにも焦点を当てています。

三菱モーターズ(タイランド)社の社長兼最高経営責任者である小糸栄偉知氏は、パートナーシップを歓迎し、タイ郵便局とORに電気自動車における商業ベースでの実現の可能性を探求してくれたことに感謝しました
「このパートナーシップは、タイにおける三菱自動車の電気化アジェンダの1つの側面の先駆けです」
「私たちはこの新しい市場を強化し、消費者の関心を高めるために、EVの利点と重要性について消費者の意識を高めながら、タイの電動車両市場を開拓しようとしています。」

ORの社長兼最高経営責任者であるジラポン氏は、このパートナーシップは、温室効果ガスの排出を削減し、クリーンエネルギーの使用率を高めるため、環境を改善し、2030年までにカーボンニュートラルを達成するというOR2030の目標に沿ったものであると述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP