• 木. 5月 26th, 2022

3月1日から5日目の隔離義務が撤廃とタイCCSA発表。加入保険の保証額も減額に。

Byサイト運営

2月 23, 2022

タイ国内では、COVID-19の感染者数が継続的に増え続けていますが、3月1日からの国際線到着の規則が緩和される予定となっています。

現在海外からの入国者は、5日目に専用のホテルに宿泊し2回目のRT-PCR検査を受けなければなりませんが、COVID-19状況管理センター(CCSA)はその5日目の隔離を廃止し、自己管理の迅速抗原検査に変更することを決定しました。
さらに、必要な保険の保証金額は5万米ドルから2万米ドルに変更されます。

一方CCSAのスポークスマンであるタウィーシン博士は、COVID-19感染危険度のゾーン分けを、44の「オレンジゾーン」、25の「イエローゾーン」と8つの「ブルーゾーン」(観光特別区)に分けると発表しました。

同氏は、感染者のほとんどが無症候性または軽度の症状を持っていても、高リスクグループの人々は依然として重症化するか死亡する可能性があると警告しています。
国民に警戒を怠らないように協力を要請しています。

タイでは2月23日の発表で21,232件と、昨年8月以来2万人を超える新規感染者を出しています。
これは、今年の最高記録となっています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP