• 木. 5月 19th, 2022

問答無用! 野生のゾウを轢いたら最大10年の懲役と100万バーツの罰金です!

Byサイト運営

2月 18, 2022

カンチャナブリーでは、野生の象が出没する道路を通る運転手に警告を発しています。
ゾウにぶつかって怪我をさせた場合、最大10年の懲役と
100万バーツ(約350万円)の罰金が科せられると警告されています。
野生生物当局は罰則を厳格に実施します。

2月17日、道路を横断する野生の象を警告する35の標識が、ワンドンとチョンサダオの間の道路15キロメートルの区間に沿って掲示されました。

警告標識は、時速60キロメートルの制限速度を設定し、野生の象に衝突した運転手には、懲役と罰金を科すことを警告しています。

非常に多くの警告が掲示されており、運転手らはその道路付近に野生の象がいることや、象と事故をおこしたことに対する法的罰則に気づかなかったという言い訳をすることができないようになっています。

それでも、野生の象に衝突する車両がいくつかありました。

天然資源環境省は、野生生物保護区に野生生物保護措置を強化するよう命じています。

野生生物保護保護法は、意図的かどうかには関係していません。

同じ法律の下で、問題のある運転手は、傷ついた象ごとに数十万バーツを支払う必要があります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP