• 木. 5月 26th, 2022

サラブリーの空き家で、中国人の食用として密輸寸前のオナガザル30頭が発見される。

Byサイト運営

2月 18, 2022

封印された箱に拘束された30頭のオナガザルが、サラブリー空き家から発見されました。
野生生物の人身売買業者が使用されたものと思われます。

警察は、その場所近くを運転しているときに動物の大きな鳴き声を聞いたと報告があり、その空き家を捜索しました。
すると、居間のプラスチックの箱や浴室にぶら下がっているバッグのいずれかに詰められた29匹の生きているオナガザルを発見しました。
もう一匹は、建物の外で死んでいるのが発見されました。

警察は、地域の会話森林管理局の専門家を呼んで、飼育下の動物を調べさせました。
彼らは、保護された野生動物であるオナガザルであることを確認しました。

このような違反者には、最高50万バーツの罰金または5年の懲役、もしくはその両方が科せられます。 

警察は、近くにある警察の検問所での発覚を恐れ、野生動物売買業者によってそこに放置された可能性が高いと述べています。

猿たちは、ナコンナーヨックの野生動物保護施設に運ばれました。

陸の国境が開けば、このような悪党もさらに活発になることでしょう。
このような猿たちは、中国人向けの食料として密売の標的とされています。

閲覧注意!衝撃写真。盗難車逮捕から「食用」にされるサル88匹を確保

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP