• 木. 5月 19th, 2022

【タイ】大麻と麻の一部の合法化、さらに一歩前進。

Byサイト運営

2月 9, 2022

2月8日、アヌティン公衆衛生大臣は、麻薬管理委員会の承認を受け、医療目的での大麻と麻の一部を麻薬法から削除するという通知草案に署名しました。

2019年2月18日の麻薬法第7号の公布により、医療用大麻が承認され、その後、花序、芽に付着した葉、および種子を除き、経済的価値と健康治療のための様々な医療製品で使用される物質が順番に承認されると同大臣は説明しています。

食品医薬品局(FDA)はまた、ドラフトが法制化された後の次のステップで、指定された地域でレクリエーション目的で大麻が使用される可能性があるもと述べています。
ただし、娯楽目的での使用(つまり、マリファナの喫煙)は現時点ではまだ合法ではないことを強調しています。

法案のドラフトでは、アヘン、サイロシビンキノコ、およびTHCを0.2%以上含む大麻抽出物を含む、タイ麻薬法カテゴリー5に残るすべての薬物がリスト化されています。

アヌティン氏によれば、それは王立官報に掲載されてから120日後に発効となるだろうと言われています。
この法案施行がいつ行われるかは明確ではありませんが、「近い将来」だろうと報道されています。

さらに、大臣自身が率いるプミチャイタイ党では、1月に「大麻・麻法」を代議院に提案しました。
法案の目的は次のとおりです。

①タイの伝統的な治療法分野における医学的活用。
②人々に治療の選択肢を増やす。
③経済的および産業的価値を創出し、関連分野の人々に収入をもたらし、より多くの雇用機会を創出します。
④当該植物のより多くの医学的並びに科学的研究と革新を奨励。
⑤当該植物の誤用によって害を受ける可能性のある顧客を保護。

タイ人の場合、勝手に拡大解釈し(というかわざと)ガンガン法律をはみ出してくるので、これが施行された場合、この国がどうなってしまうのか一抹の懸念を覚えます。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP