• 木. 5月 19th, 2022

BTSスクンビット線問題で、意義ありのブムジャイタイ党7人の大臣が閣議欠席。

Byサイト運営

2月 10, 2022

タイ内閣は、プロジェクトの所有者であるバンコク都(BMA)とスカイトレインの運営者であるBTSグループホールディングスとの間で、BTSスカイトレイングリーンラインシステムの譲歩契約の30年延長の提案を保留しました。

閣議審議が延期されたのは4回目で、党首のアヌティン公衆衛生大臣とサクサヤーム運輸大臣を含むブムジャイタイ党の7人の大臣が、「都合が悪い」と称して閣議に出席しませんでした。

プラユット首相は本日、ブムジャイタイ党との対立はないと考えており、すべての大臣が自分の意見を持っており、すべての意見に耳を傾ける用意があると述べるに留まりました。

政府は主に公益に基づいてこの問題に決定を下し、その決定が追加の公的借入につながるべきではないと主張しています。

首相は「これは政府がしなければならないことです」と述べ、最終決定は内閣にかかっていることを強調しています。

サクサヤーム氏は、運輸省はすでに内務省の提案、内閣官房長官にいくつかの追加の所見とともにこの件に関して異議を提出していると述べています。

プミジャイタイ党は現行に不満をもっており、ルート全体の最大列車運賃の上限が65バーツであるのは通勤者にとって不公平であり、値下げできると主張しています。

現在、MRTは運輸省の監督下にあり、BMAは内務省の監督下にあります。

確かに、片道最大65バーツ(約227円)となるのは、屋台の1メニュー35バーツを食べている消費者からすると、非常に高価な乗り物となってしまうでしょう。
とても通勤費用やお出かけの手段して利用するには、生活への負担が大きいかと思います。
一方で、鉄道のメンテナンスには非常にお金がかかるもので、輸入物などは日本と変わらない物価となっているタイで、この価格で鉄道運営を維持していくのも大変なことなのだと思います。
鉄道インフラはやはり国家の補助失くして運営は難しいのかもしれませんが、タイ航空のようになってしまってもまた甘えが生じるだけですし、難しい判断が求められることでしょう。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP