• 火. 1月 18th, 2022

なし崩し的?フアヒンとチェンマイでアルコール販売が可能に。

Byサイト運営

12月 4, 2021

12月1日の州の伝染病委員会の発表によると、プラチュワップキーリーカーン県の2つの地区は、アルコール飲料の販売と飲食店内での飲酒の販売が承認されました。

SHAからの証明書を持つ地元の飲食店は、22時までアルコール飲料を顧客に提供することが許可されました。
店内では、Covid-19コロナウイルスの蔓延を防ぐために、行政委員会が発行した「Covid-Free Setting」規則およびその他の予防措置に厳密に従う必要があります。

さらにチェンマイでもアルコール販売と店内での飲酒が承認されました。
アルコール販売が許可されるエリアは、すでに観光客に開放されている地区であるチェンマイ市
、チョムトーン、ドイタオ、メーテーン、メーリムのみです。
時間は、11.00〜14.00および17.00〜23.00に限定されています。

しかし娯楽施設、パブ、バー、カラオケ、マッサージパーラーに類似した施設は、営業を許可されていません。

こちらは12月6日月曜日からの施行となります。

オミクロンの懸念が世界的に広がりつつある中、タイは逆になし崩し的とも言うべき形で飲酒を認め始めました。
これがどのような結果を及ぼすかは、まだもう少し先のお話しになりそうです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP