• 月. 1月 24th, 2022

最もきれいな海水のビーチは、プラチュアップキーリーカーンのバンクルートビーチ

Byサイト運営

12月 30, 2021

タイの王族が愛したフアヒンがあるプラチュアップキ―リーカアーン県の2つのビーチは、タイ国内でもっともきれいな海水を持っていることが判明しました。

タイの天然資源環境省が実施した2021年の環境品質監査によると、バンクルートビーチとアオマナオビーチは、最も純粋な海水リストのトップにランクされました。

監査の一環として、研究者は分析を実施して、4つの異なる環境カテゴリーをランク付けしています。

〇最もきれいな海水のあるビーチ
①バンクルートビーチ、プラチュワップキーリーカーン
②アオマナオビーチ、プラチュワップキーリーカーン
③ラマイビーチ、サムイ島、スラータニー
④チャウエンビーチ、サムイ島、スラータニー
⑤メナムビーチ、サムイ島、スラータニー

〇最高の水質を備えた淡水源
①タプティ川上流、ナコンシータマラート
②ペッチャブリ川上流、ペッチャブリー
③ノンハン、サコンナコーン
④クワイノイ川、カンチャナブリー
⑤リー川、ランプーン

〇最高の大気質を持つ県
①ヤラー
②サトゥーン
③ナラティワート
④ナコーンシータマラート
⑤ソンクラー

〇廃棄物管理のベストな都県
①バンコク
②ノンタブリー
③ランプーン
④プーケット
⑤ヤソートン

汚染管理部門は、監査のリリースを使用して、タイのビーチと水路をきれいに保つことの重要性をビーチに行く人に啓蒙しています。
タイのビーチを訪れるときは、ビニール袋の使用を制限し、プラスチックや発泡スチロールの使用を減らし、より自然なまたは再利用可能な容器を選ぶ必要があります。

ビーチを離れるときはゴミを持って帰るか、または用意されたゴミ箱に捨ててください。

子供連れの方は特に、バーンセンやパタヤなどの水質の汚れた海に行くよりも、少しだけ遠出してフアヒン方面へ行った方が、結果楽しめるかと思います。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP