• 日. 12月 5th, 2021

長引くコロナ禍でタイ貧困層が100万人増加。個人間売買の多いタイで収入証明どのように?

Byサイト運営

11月 15, 2021

タイの貧困層の数は、新型コロナの長引く影響により、現在の約1,400万人から来年は1,500万人に増加するだろうとサンティ財務副大臣は予測しています。

同省は来年初めに行政発効の福祉カードの新規登録を開始し、カード所有者の資格基準を改定します。

サンティ氏は、同省は、この新しい登録ラウンドで、カードの資格を得る貧しい人々の数が100万人程度増加すると予想しています。

現在1365万人の福祉カード所有者がいます。
対象となるカードの受取人は、18歳以上のタイ人で、年収が10万バーツを超えない方が対象です。

同省は、福祉カードを取得する資格のある人々を選別するための追加の基準を決定しています。
現在、基準は実際の収入と土地などの特定の資産の所有権を対象としています。

新規改定案では、自動車などの別の資産をリストに追加する可能性があります。
同省は他の機関と協力して、資産の所有権を調査します。

サンティ氏は、この新規改定案では所有者候補の平均世帯収入も考慮に入れると言います。

これまでは、夫の給料が高いのに妻は給料がない場合があります。
これは、妻がカードを取得する資格があることを意味していました。

しかし新規改定案では、家族の1人あたりの世帯平均収入が年間10万バーツを超える場合、
そのメンバーはカードを取得する資格がありません。

市場などの小売り店は、収入を証明するものがないので、おのずと貧困層に分類されるのでしょうか。
どんなに、行列ができる人気店であっても。。。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP