• 日. 11月 28th, 2021

警察署長「ヂョウ・フェラーリ」容疑者が、不正に取得した資産約4億4千万円!しかもまだ解任されていなかった!

Byサイト運営

11月 3, 2021

ナコンサワンで起きたタイの元警察署長による容疑者リンチ殺害事件。
通称「ヂョウ・フェラーリ」ことティティサン容疑者の続報です。

事件の概要はこちらで解説

【削除覚悟】タイの警察署長による容疑者拷問殺害事件。youtuberあきが「事件の真相」に迫る!

タイ王国警察(RTP)は、2021年8月にナコンサワンで尋問中に麻薬容疑者を殺害したとされる元警察署長を含む7人の警官に対して、4件の告発を行いました。

部隊はまた、元警察署長が関与する高級車などの資産の調査を進めています。

RTPは11月2日、ナコンサワン署の7人の警官が不正行為、権威の乱用、致命的な拷問および強制の罪で彼らを起訴したと発表しました。

さらに警察は、約400台の密輸車両の押収に関与したティティサン容疑者の資産を調査していると述べ、押収に対する報奨金の支払いに疑わしい車両記録と不規則性をすでに発見したと付け加えた。

この事件には、警察、税関職員、およびティティサンの利益に関与した多くの人々が存在すると、副国家警察署長は述べています。

同氏は、彼が不正に取得した資産は、約1億3000万バーツ(約4億4千万円)に登ると発表しました

資産には、バンチャン地区の5,700万バーツに相当する邸宅、7,000万バーツに相当する24台の車両、150万バーツのコンドミニアム、72万バーツに相当する18丁の銃が含まれています。

ここまで明らかになっても、RTPコミッショナーのスワット氏は、警察はまだティティサン容疑者が警察を解雇されるかどうかを決定していないと述べました。
裁判所の判決がでるまでは、ということなのでしょうか。
もうあごが外れるほど、口があきっぱなし状態です。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP