• 土. 11月 27th, 2021

タクシン前首相の末娘ペトンターンがタイ貢献党主任顧問に就任。野望着々と。

Byサイト運営

10月 30, 2021

政権を離れて7年の後、チンナワット家の野望が粛々と進んでいるように見えます。

タクシン前首相の末娘であるペトンターン・チンナワットは、10月28日木曜日にコーンケン北東部で開かれた野党タイ貢献党の総会に登場し、会場を驚かせた。

党首のソンポン氏によって担ぎ出された35歳の女性は、参加と革新に関する党の主任顧問に任命されたことを発表するために演説しました。

タイのアナリストは、ペトンターン氏をタイ貢献党の首相候補と見なしています。
彼女は否定も肯定もしていません。
彼女は「私は現在の職務に集中しています」とだけ回答しています。

35歳になったペトンターン氏は、タイの憲法上で政府の閣僚ポスト(大臣)になるための最低年齢要件に達しました。

タクシン元首相、および彼の家族の他のメンバーが、メンバーシップにも幹部職にも入っていないにもかかわらず、同党に対して強い影響力を保持していることは周知の事実です。

タイ貢献党の家長タクシンは2006年にクーデターで追放され、2008年から海外で亡命生活を送っており、彼の統治中の権力の乱用と汚職で欠席裁判を免れています。

アナリストによると、非常勤職ではあるが、ペトンターン氏の任命は、タイ貢献党の公式支配を最初に取り戻すことによって政治的権力を取り戻すというチンナワット家の意向を示していると言います。

ウボンラチャターニー大学の政治学部長であるティティポン氏は、この動きをチンナワット家が党の「所有権」を取り戻すものだと見ています。
「タイ貢献党はまだシナワット王朝に属していることを示しています。国民に属する政治政党ではない」と同氏は述べています。

彼が政治の舞台に戻ってくれば、現在でも目に余るタイ〇察による横暴がさらに激化されることも想像に難くありません。
そして国が2つに割れ、暴動に明け暮れる日々が戻ってくる可能性があります。
その時に仲介に入ってくれる人は、もういません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ing Paetongtarn(@ingshin21)がシェアした投稿

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP