• 月. 10月 18th, 2021

【タイ】10月までに3千台のタクシーにパーティションを設置。義務ではありません。

Byサイト運営

9月 24, 2021

これも外国人観光客対策でしょうか。

タイ陸運局は、10月中に3千台のタクシーにCovid-19パンデミック中の飛沫の拡散を防ぐために、車内にアクリルパーティションの設置を取り付けるキャンペーンを実施しました。

サックサヤーム運輸相は23日木曜日に開会式の議長を務め、公共の安全と乗用車の使用に対する信頼を高めるため、タクシー車内にパーティションを設置するセレモニーが行われました。

イベントには、陸運局長のジルット氏、SCGケミカル社の社長タナウォン氏、同省の高官、会社の幹部、タクシー運転手が出席しました。

サクサヤーム運輸相は、Covid-19の蔓延を防ぐために、すべての企業が自らを調整しなければならないと述べました。
タイ政府は、タクシーの運転手と運転手を支援するために、公共交通機関でのウイルスの拡散を防ぎ、タクシー運転手の収入を増やすための対策を検討するよう運輸省に命じています。

同省は、話し合い、咳、タバコの際の飛沫の拡散を防ぐためにタクシー内に仕切りを設置するパイロットプロジェクトを考案したと大臣は述べ、合計3,000台のタクシーがパイロットプロジェクトに参加したと主張しています。

今回のケースでは、SCGケミカル社が高品質のアクリル製のパーティションを設計し、設置しています。
これらは、中型および大型車の両方に簡単に取り付けられ、車内の視界やその他の安全システムには影響しないよう工夫が施されています。

パーティションの設置は9月16日に開始され、参加している3,000台のタクシーすべては、10月まで設置される予定となっています。
パーティションが施されているタクシーには、フロントガラスに表示がでています。

普段タクシー乗らないもので盲点でしたが、逆にこれまでパーティションは義務化されていなかったのですね。
通常状態のタクシーには、あまり乗りたくないものです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP