• 木. 6月 24th, 2021

新型コロナ禍で得た成功論~Krungsri-MUFG ヴァーチャルビジネスマッチングフェア2020

Byサイト運営

11月 13, 2020

新型コロナ禍は、人々から多く物を奪い去っていきましたが、代わって新たに得たものもあるようです。

Krungsri(Bank of Ayudhya PCL)は最近、日本最大の金融グループであるMitsubishi UFJ Financial Group(MUFG)と協力して、Krungsri-MUFG ヴァーチャルビジネスマッチングフェア2020を開催しました。

新型コロナの状況によりオンラインを介して8年連続でビジネスマッチングイベントの開催に成功したKrungsriは、タイ、日本、ASEANから200人以上の起業家と確立されたビジネスを引き付け、国際ビジネスマッチメイキングを実現しました。
参加者には、MUFGの地域組織やパートナー銀行も含まれていました。

ヴァーチャル会議では、タイのビジネスセクターで成長の機会を創出するために300以上の成功したビジネスマッチを促進しました。
これはKrungsriのローカル企業への専門知識とMUFGのグローバルネットワークの総合的な強みを証明しています。

新型コロナの大流行は海外旅行など人の行き来に影響を及ぼしましたが、一方ヴァーチャル会議の普及により、オンライン会議をすることでビジネスマッチングをより効果的に実施することができました。 実際、参加を増やし、より多くのセクターをまとめることができました。
多くの移動時間とコストが節約されましたが、実際には多様性と専門知識の観点から会議の範囲をも拡大しました。

Krungsriの日本の企業および多国籍銀行(JPC / MNC銀行)の責任者である堀尾氏もオンライン形式を歓迎しました。
「Krungsri-MUFGバーチャルビジネスマッチングフェア2020には、タイだけでなく、香港特別行政区と同様に、初めて参加したフィリピン、ベトナム、ミャンマー、インドネシアを含む日本とASEAN諸国から少なくとも200人の起業家が集まりました。特に注目すべきは、「日本貿易機構(ジェトロ)バンコク事務所、横浜工業開発公社(横浜IDEC)、東京SMEサポートセンター、愛知県の4つの主要な国際投資機関の関与でした」と付け加えた。

Krungsri Laos、ミャンマーのCo-operative Bank Ltd.、ベトナムのVietinBank、フィリピンのSecurity Bank、Bank DanamonIndonesiaを含む、MUFGの5つのパートナー銀行も参画しました。

Krungsri-MUFG ヴァーチャルビジネスマッチングフェア2020の対象となるセクターは、消費者向け製品、家具材料、医療機器からデジタル企業やイノベーション企業にまで多様な分野に及びました。

ヴァーチャル会議の成功は、タイのビジネスセクターに成長に機会を創出し、Krungsriのローカル専門知識とMUFGのグローバルネットワーク間の相乗効果を通じて海外市場への拡大の可能性を高めるという、Krungsriの取り組みの有効性を証明したことになります。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP