• 金. 10月 22nd, 2021

タイ気象庁、9月17日から22日まで各地で雷雨、大雨にご注意。

Byサイト運営

9月 18, 2021

タイ気象局は9月17日、9月17日から22日まで、タイで各地で雷雨が発生する見込みとの発表です。
同局は、大雨が降ると思われる7日間の天気予報を報じています。

全般的に9月17日から19日の間、タイのアンダマン海とタイ湾に広がる南西モンスーンの勢力が弱まり、その結果として、国全体の雨が少なくなり、北部、東部、南部で大雨が孤立するという現象が起こります 。

20日から22日の間に、フィリピン東部の活性低気圧が激化し、南シナ海を通ってベトナム中部の海岸に移動し、北部や北東部、東部、中央部で孤立した大雨を引き起こすと予測されています。

タイ北部では、17〜20日に雷雨と大雨、最低気温は22°C、最高気温は35°C。

タイ北東部では、17日から19日に雷雨、20日から22日雷雨と大雨、最低気温は22°C、最高気温は34°Cです。

中部地方では、17日から20日に雷雨、21日から22日には、雷雨と大雨が予想されます。

バンコク首都圏では、かなり広範囲の雷雨や孤立した大雨がこの期間中に発生する可能性があります。

チョンブリとパタヤを含むタイ東部では、17日から19日の間に散在する雷雨と孤立した大雨が予想され、20日から22日にはかなり広範囲の雷雨と孤立した大雨が予想されます。
波は約1メートルと1〜2メートルになると予測されています。

南部では、21日から22日の間に、孤立した大雨を伴う期間中の散在する雷雨が予想されます。
波は東海岸で約1~2メートルと1〜2メートル、西海岸約1〜2メートルになると予測されています。

同局はまた、北部、北東部、中央部、東部、南部の危険にさらされている地域の人々に、起こりうる厳しい状況に注意するよう警告した。すべての船は注意して進み、20日から22日の間は雷雨エリアに近づかないようにする必要があります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP