• 火. 9月 21st, 2021

「アイコンサイアム」が、不動産開発業界のアカデミー賞「MIPIM2021アワード」でベスト4に!

Byサイト運営

9月 14, 2021

タイの大型リバーフロントプロジェクト「アイコンサイアム」は、2021年9月8〜9日にフランスのカンヌで開催された「MIPIM2021アワード」で、36か国172カ所のエントリーの中から、世界でベスト4の最高のショッピングセンターにランク付けされました。

アイコンサイアムは、世界的に権威のある「MIPIMアワード」に参加した最初のタイの開発事業です。

不動産開発業界の「アカデミー賞」と呼ばれるMIPIMは、優れたイノベーション、アーキテクチャ、統合、コミュニティへの影響に関する世界中のプロジェクトを表彰するために1990年に設立されました。

アイコンサイアムは、バンコクのリバーフロントに16億米ドルの資金をかけ、サイアム高島屋に見られる高級ブランドの旗艦店と2つのコンドミニアムで構成され、さまざまな芸術的および文化的サービス、アクティビティ、エンターテインメント、レストラン、スーパーを含む幅広いショッピングが可能です。 

75万平方メートルの延床面積(GFA)に及ぶプロジェクトは、バンコクのリバーフロントを変革し、トンブリー地区を活性化したことで評価されています。

開発の合弁パートナーであるサイアムピワットグループの最高経営責任者であるチャダティップ・チュトラクン氏は、次のように述べています。
「川沿いやトンブリーのコミュニティと協力して、「アイコンサイアム」をタイの最高のものが世界の最高のものと出会うことができる場所にしました」

アイコンサイアムは、バンコクを流れるチャオプラヤー川の西岸での観光、投資、不動産開発に拍車かけたプロジェクトとも言えます。
アイコンサイアムが位置する道路沿いでは、土地の価値は5年間で2倍に増加し、リバーサイドビジネス協会の会長は、近隣のショップやレストランの交通量と売上高が20%増加したと報告しました。

アイコンサイアムは、タイで開始された最大の民間セクター開発プロジェクトであり、サイアムセンター、サイアムパラゴン、サイアムディスカバリーなどの高級小売開発の所有者および運営者であるサイアムピワットが所有する合弁事業です。
そして、マグノリア・クォリティ・デベロップメントコーポレーション(MQDC)は、高級品質の住宅および多目的プロジェクトの所有者および開発者です。
多国籍巨大複合企業チャルーン・ポーカパン(CP)グループでもあります。
これは、アーバンアーキテクツ株式会社とのコラボレーションでデザインされました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP