タイ人はストレスを感じていない?それは思い込みです。むしろ巨大なストレス社会です。

タイでは汚職や賄賂が、日常生活に深く入り込んでおり、犠牲者もでています。

ノーンブアランプー県の地方行政機関で働いていた27歳の土木技術者が11月25日金曜の夜に自殺しました。
彼は、組織内に蔓延している汚職に耐えられず、自殺を決意したという遺書を残していました。

彼の職場は、道路およびインフラ建設の検査および承認に関連していました。
彼は両親への最後の手紙に、行政の管理事務所で建設請負業者から賄賂を集めて地元の役人に送金するように指示された汚職システムに対処できなかったと書いてありました。

「お父さん、お母さんへ……こんなことしてごめんね。」
「私は職場で、厄介な問題に直面しています…材料をテストするために賄賂を強要されています」
賄賂は、建設費の3%であると付け加えてありました。

「私は新たに雇用され、規則をよく知らず、行政組織の文化である体系的な汚職に直面しています」

「結局私は、腐敗文化に習慣的に順応することはできないと感じました。
政治家だけでなく、土木課長などの公務員も、行政の金儲けの道具のようなものです。彼ら全員が不正と腐敗の報いがありますように。
私の体が、(自殺後に)利用できるなら、コーンケン大学の解剖学科に寄付してください.」

彼の遺体はピックアップトラックの中で発見され、車の排気ガスによる一酸化炭素中毒で亡くなったとみられています。

タイ人はいい人がたくさんいます。
しかし、それを圧倒的に上回るほど悪党がのさばっています。

タイ人がストレスを感じていないというのは、こちらが勝手に思い込んでいるだけです。
上下関係や人の目を気にしなければいけない、ものすごいストレス社会というのが実状です。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る